薬を持つ人と患者を診る医者
患者を診ている医者

てんかんという脳の病気は発作を繰り返す病気なのですが、脳の神経細胞に突然発生する興奮によって発作を起こしてしまうのです。
大脳に突然発生する電気的な興奮はどのようなことがきっかけになるのかわからない場合が多く、いつ発症するのかわからないのです。
発作の内容としては突然意識を失ってしまう、体がガクガクと痙攣してしまう、一定の間意識がないような状態が続くといった症状があります。

てんかんを発症する年齢としては3歳以下の乳児期と成人、高齢者でも発症します。
3歳以下が多いのですがこの年齢で発症した場合は治癒することがあります。
成人になって発症するような場合や高齢者になってから発症する場合は治癒することが難しく、薬によって発作が起こらないようにします。
成人や高齢者のてんかんの原因は脳になんらかの障害を起こしてしまったために発症することが多く、脳炎や脳梗塞、脳出血、頭を強打したような場合に発症します。
成人や高齢者のてんかんもいつ発症するかわからないということと、意識を失ってしまうことが多いため車の運転なども制限が出てくることになります。

事実、事故も発生している状況でもありきちんと医師が判断して診断書を書いてもらう必要があり、それまでは車の運転はできません。
てんかんの治療はまず発作を抑える薬を飲み続けます
強い発作を起こしてしまうとより脳に負担をかけてしまうことにもなります。
てんかんはその原因や種類によって治るものと治らないものがあります。

それは脳の傷がなくなるわけではないので、薬を飲んでいて発作を抑えられていても睡眠不足やストレスなどが原因で発作を起こしてしまうこともあります。
ますは医師とよく相談をして長い目で治療を続けることが大切です。